返済不能に陥った場合には

不動産

住宅ローンが返済不能になってしまった場合は、早めに任意売却の道を探るようにした方がよいです。大阪にはたくさんの人が住んでいますので、自宅が競売にかけられる件数が他の都市よりも多くなっています。

詳細を確認する...

土地建物の売買を賢く

家

不動産を賢くより良い条件で売却するには、大きく二つのポイントがあります。一つは、不動産の市場の現状を的確に把握し、今後の市場の見通しをしっかり予測することです。もう一つは、不動産ならではの特徴をよく踏まえた売却を検討することです。

詳細を確認する...

不動産管理しよう

不動産の管理について

不動産

不動産の管理については、自己管理をするのが基本となっています。 誰しも、自分の土地を他人に管理してもらうことなどあり得ないからです。 こうした中、不動産には土地と建物がありますが、それぞれ購入するにあたり、金融機関などで、借り入れを行うケースが大部分と思います。 このときに、不動産に、担保がつけられることとなります。 この担保は、金融機関などの借り入れによる返済が滞った場合、担保権の実行により、不動産を売買して、その資金をかりいれがくにあてることができます。 これらを競売とよく言われています。または担保権の実行とも言われています。 競売は競売事件の中で手数料などの費用は清算されることとなりますので、売られる方は費用は出すことはありません。

不動産を失う

強制競売などにより突然不動産を失うことがあります。 これは大阪においても、人口が260万人以上と大都市である事から、日々考えられる事件となっています。 大阪においては、市街地においては、土地の取引単価は高額でありますが、市街地以外となりますと、単価は下がります。 このような土地に、一戸建て住宅を建築される方が多くおられます。 しかしながら、土地、建物を同時で購入となりますと、総金額はかなりの額となります。 確実に返済できれば問題はありませんが、大阪においても、やはり不況の波は中々改善されることはありません。 突然仕事をリストラされて、返済が滞るケースも大阪では、珍しくはありません。 このような場合に、担保権の実行がなされます。

家族に笑顔が戻る方法

家

勤務していた会社が倒産し無職となってしまった私は、住宅ローンを滞納してしまう状況に陥りました。このままではデメリットしかない競売手続きが開始されるため、任意売却の専門家に相談することで人生をやり直すことができました。

詳細を確認する...